Entries

植木隆彦さん(東京都渋谷区基盤整備調整担当副参事)動画

植木隆彦さん(東京都渋谷区基盤整備調整担当副参事)が大活躍する「抱腹絶倒動画」を謹《つつし》んで紹介します。

植木隆彦(渋谷区基盤整備調整担当副参事)

宮下公園がフェンスで全面封鎖された翌日の《2010年》9月16日(木)、公園内に荷物を残したま­ま強制排除された市民達が渋谷区に対して荷物の返還を求めた。渋谷区側は現場の責任者­と称して植木隆彦氏(基盤整備調整担当副参事)が対応。植木氏が市民達の前に姿を現す­のはこれが初めてである。この映像は、宮下公園のフェンス封鎖と行政代執行の黒幕であ­る植木隆彦氏を追った記録である。

私(喜八)の感想「植木隆彦・渋谷区基盤整備調整担当副参事は職務に就く前に、もっとマジメにお勉強されたほうがよろしいのではないでしょうか?」。
老爺心ながら…(笑)。

宮下公園ナイキ化問題」についてのミニ解説です。
  • 東京都渋谷区が「ネーミングライツ(命名権)」概念を拡大解釈(濫用)して区立宮下公園を「ナイキジャパン」の手に委ねようとしている

  • 行政(渋谷)が公共空間(宮下公園)を一私企業(ナイキジャパン)の欲しいままにさせるなどは、到底信じられないような暴挙であり、反社会的行為だ

  • もし同様の事態が全国で次々と発生したら? 日本の社会・国家は崩壊してしまう

  • かくして、渋谷区においては区民・国民・すべての人々の権利が絶対的に侵されつつあるのだ(現在進行中!

宮下公園問題についてもっと知りたい!」という方は、ぜひFAQ(よくある質問)ページを参照ください。
とても分かりやすく詳細に解説されています。

宮下公園問題FAQ
(「A.I.R Miyashita Park」2010-06-28)

※「宮下公園問題FAQ」は冊子にもなっています。東京・新宿の「模索舍」でお求めできます(2010年/A5/16頁/¥200)。

渋谷区ナイキジャパンは公共精神を重んじてくださいね~!(特に渋谷区)
スポンサーサイト

Extra

プロフィール

喜八

Author:喜八
メールを送るkihachin7@gmail.com

スポンサード リンク


RSSフィード