Entries

『THE COLD MOON』

『The Cold Moon』The Cold Moon』を読了しました。ジェフリー・ディーヴァーのジェットコースター・ミステリ「ライム&サックス」シリーズ第7巻です。邦訳も『ウォッチメイカー』というタイトルで2007年の10月にでているのですが、今回は英語版(ペーパーバック)で読みました。「なにはともあれ、英語の勉強をかねて」という目論見です。

さてそのストーリーですが、「ウォッチメイカー」と名乗る男ジェラルド・ダンカンが「10人の連続殺人」を敢行しようとしているらしい。リンカーン・ライムアメリア・サックスのコンビは「ウォッチメイカー」の殺人計画を阻止することができるのか? というのがメインです。

これにアメリア・サックス(美女警官)による汚職警官たちの追求というサブストーリーが加わります。この捜査の途中でサックスの父親(故人)にまつわるミステリも派生していきます。尊敬していた父は腐敗警官であったのだろうか? という疑惑に苛まれるサックス。このためライムとサックスの関係も大きな危機を迎えます。

本作品ではキャサリン・ダンスという魅力的な新キャラクターが登場します。カリフォルニア在住の刑事で、凄腕の尋問の専門家。夫とは死別しており、2人の子供がいます。あらゆる容疑者・参考人・証人はキャサリン・ダンスによって、すべてを明らかにされます。このダンスを主人公にしたスピンオフ長編『The Sleeping Doll』(2007)もすでに刊行されています(未翻訳)。

自らが創出したキャラクターに強い愛情を注ぐジェフリー・ディーヴァーらしく、常連さんたちが総出演といった趣です。さらには過去の作品で「脇役」として登場していた或る人物が、今回は印象深い登場のしかたをします(この人物は過去にアメリア・サックスによって命を救われており、本人もそのことを忘れていません)。

ストーリーの後半に入ると、ディーヴァー節満開で「どんでん返し」に次ぐ「どんでん返し」が続きます。「ちょっと無理ではないか」という点がなきにしもあらずなのですが、それでも本作品が「面白い!」という事実は否定しようがありません。たっぷりと楽しませていただきました。600ページを超える分厚いペーパーバックですが、すいすいと読めたような・・・気がしました。


(『The Cold Moon』ジェフリー・ディーヴァー、2007)



関連ページ


FC2ブログランキング
ランキング投票お願いします!
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kihachi.blog77.fc2.com/tb.php/63-7fe1bade
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

喜八

Author:喜八
メールを送るkihachin7@gmail.com

スポンサード リンク


RSSフィード