Entries

『デモナータ 1 ロード・ロス』

『デモナータ 1 ロード・ロス』ダレン・シャンデモナータ 1 ロード・ロスLord Loss)』。
ダレン・シャン作「デモナータThe Demonata)」シリーズ第1巻です(橋本恵訳)。

主人公はグルービッチ・グレイディ(グレブス)少年。中学生くらいでしょうか(?)。年齢のわりには大柄。赤毛。友人たちに対する見栄でタバコを吸って、それが見つかり、大目玉を食らうような普通の男の子です。ただし、(告げ口をした)姉グレテルダへの復讐に「くさりはじめたネズミの死骸」を使うような、ちょっと常軌を逸した部分もあります。

大のチェス好きの両親と姉、それにグルービッチ(グレブス)の4人家族は平穏に幸せに過ごしていました。しかし、両親と姉の3人が自分には黙って何かを実行しようとしていることにグレブスは気づきます。両親の勧めに従って「ケイトおばさん」の家に一人泊まる振りをした彼はひそかに自宅に戻ります。

家のドアを開けたグレブスを待っていたのは「地獄」でした。「魔将」のロード・ロスと部下の悪魔アーテリーとベインが、両親と姉を虐殺していたのです。悪魔たちはグレブスも殺そうとしますが、彼は自分でも知らなかった不思議な力(魔力)を発揮して窮地を脱します。

しかし、両親と姉を惨殺されたグレブスは精神のバランスを決定的に崩してしまいます。精神病院に入院しての長い闘病。グレブスは過酷な現実に背を向け、どうやら生存を続けますが、病気は一向に良くなりません。が、ある日、叔父(父親の弟)であるダービッシュ・グレイディの見舞いを受けたことから、回復への道が開けます。

精神病院から退院したグレブスはダービッシュ叔父の屋敷(大豪邸)に住むことになります。そしてダービッシュを「実の父親」と信じるビルE・スプリーン(ビリー・スプリーン)少年やセクシーな美女ミーラ・フレームとも親交を深めてゆくのですが、家族を殺した悪魔たちのことは忘れられません。そして、新たな「謎」がグレブスの生活に暗い影をもたらします・・・。

若き天才ホラー作家ダレン・シャンのシリーズ作品は巻が進むにつれて面白さも増す傾向があります。と言っても第1巻が詰まらないというわけではありません。シリーズの最初から相当なレベルの面白さなのですが、その面白さが更にアップしてゆくのです。「デモナータ」シリーズにも同じことが言えます。

作者ダレン・シャンによると「デモナータ」シリーズは8~9巻となるようです。主人公は3人。1・3・5巻の主人公のグルービッチ・グレイディ。第2巻のコーネリアス・フレック。第4巻のべック。それぞれ違う時代に暮らす、まったくつながりがないように見える少年少女の物語がどう統一されていゆくのか? はたして話はちゃんとまとまるのか? 物語の展開が楽しみです。


(『デモナータ 1 ロード・ロス』ダレン・シャン、小学館、2006)

関連ページ


FC2ブログランキング
ランキング投票お願いします!
スポンサーサイト

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kihachi.blog77.fc2.com/tb.php/52-6a870f5e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

喜八

Author:喜八
メールを送るkihachin7@gmail.com

スポンサード リンク


RSSフィード