Entries

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世紀』

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世紀』

映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記(原題:Night of the Living Dead)』トム・サヴィーニ監督(1990)について。

ストーリー》1989年08月22日。米国ペンシルバニアの農村地帯。亡き母親の墓参りに兄ジョニーと訪れたバーバラパトリシア・トールマン)。ところが兄妹2人は墓地で謎の男に襲われ、襲撃者と格闘のすえ墓石に頭を打ちつけたジョニーは絶命してしまう。なおも襲い掛かってくる男。バーバラは近隣には他に家もない農家に逃げ込む。ほっとしたのも束の間、その家には「歩く死者」がいてバーバラに襲い掛かってきた。

いっぽう黒人青年ベントニー・トッド)は、歩く死者(ゾンビ)の群れと自動小銃を乱射する生者の地獄図絵を逃れて、トラックで脱出を図った。しかし、農家の前でガソリンが尽きてしまった。走れる車を探していたベンはバーバラと巡り会う。2人はお互いに助け合って窮地を逃れようとする。

そしてバーバラとベンが逃げ込んだ農家の地下室には別の5人の男女が逃げ込んでいた。農家の主「リージおじさん」の甥トム、その恋人ジョディーヘレンハリーのクーパー夫妻とその娘サラ。ベンとハリーは最初から気が合わず、いがみ合うばかりだ。しかし、その間も死者の群れが農家の周辺に集まっていた。ゾンビの目的はただひとつ。生きている人間の肉を喰らうことのみ・・・。

感想》ゾンビ映画の金字塔『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(原題:The Night of Living Dead)』ジョージ・A・ロメロ監督(1968)のリメイク。1990年版の監督は『ゾンビ(原題:Dawn of the Dead)』で特殊効果を担当したトム・サヴィーニです。オリジナルに勝るとも劣らない出来栄えのゾンビ・ホラーに仕上がっています。

ロメロ作品におおむね忠実なリメイクですが、大きく異なっているのはヒロインであるバーバラの造形です。1968年版では、ただただ恐れおののくばかりだったバーバラが、1990年版では「戦う女」へと変貌を遂げています。エイリアン・シリーズのリプリーに相通ずるものがあるような気がしました。

ゾンビの侵入を防ぐため、ベンやバーバラはドアや窓に板を打ちつけて強化を図ります。この光景はどこか懐かしいものを感じさせました。子供のころ、弟と2人でした「バリケード遊び」を思い出させるのです。怪物たちの襲来を想像して、学習机、椅子、ダンボール箱などを利用して「砦」をつくる。おとなになってからは、すっかり忘れていた子供のころの遊びです。

ところで、この映画を何度か観ているうちに気づいたことがあります。主人公たち7人の男女が立てこもった農家はトイレが家の外に別棟となっているのです(日本でも昔の農家はたいていそうでした)。ところが、ゾンビの群れに襲われた主人公たちは家の外には出られないのですから、一昼夜に近い篭城のあいだトイレはどうしたのでしょうか?

なんて思わず詰まらない「つっこみ」をしてしまいましたが、ロメロ・オリジナルとサヴィーニ・リメイクの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』がともにゾンビ映画として「傑作」であるのは間違いありません。本当に恐ろしいのは死者よりも生者であること。愛情と愚かしさを併せ持った人間のほうがゾンビよりも恐ろしい、というゾンビ・ホラーの勘所を外していません。

新旧の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』はどちらも低予算でつくられた映画のせいか、ストーリーが登場人物の会話形式で語られることが多いようです。たとえばベンのレストランでの体験などは映像で観せてほしいものだと思います。とはいえホラー映画の傑作は低予算作品に多いというのもまた事実なのです。


(『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記(原題:Night of the Living Dead)』トム・サヴィーニ監督、1990)

関連ページ


FC2ブログランキング

スポンサーサイト

1件のトラックバック

[T94] 編集会議 2007年 11月号 [雑誌]

編集会議 2007年 11月号 [雑誌]・リアルゴリラのNowでヤングな話・あじの南蛮漬け・たえず挑戦し続けるには?・最近・帽子が嫌い・10月6日(土)は「きらきら夢ひろば」!・女性の肌の悩みについて・何となく放浪・[Dynamic Korea]新しい歴史教科書をつくる会、GJ!!・『...
トラックバックURL
http://kihachi.blog77.fc2.com/tb.php/26-b22dd3f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

喜八

Author:喜八
メールを送るkihachin7@gmail.com

スポンサード リンク


RSSフィード